化粧品は年齡に合わせて選択しよう【50代の肌に最適なアイテム】

顔

深刻な肌の悩みを改善

顔

保湿とコラーゲンの強化

閉経を迎えて肌老化がより一層深刻になる50代は、しわやシミ、たるみやくすみなど、複数の肌の悩みを抱えています。女性ホルモンは肌の潤いやハリを保ってくれていますが、閉経と共に分泌量が大きく低下しますから、ほとんどの方が乾燥しやすい肌となり、コラーゲン量も減少してしまいます。50代から取り組みたいエイジングケアは、いかに潤いを保つかということですから、セラミドなどの高い保湿力を持つ化粧品を取り入れていきましょう。また、コラーゲン量が若い頃の半分以下となっていますから、しわやたるみが深刻になってきます。これを補ってあげるためにも、ビタミンC誘導体などのコラーゲンを増やしてくれて、エイジングケア効果がある化粧品を取り入れていくのが得策です。

有効成分を肌に届ける

肌のバリア機能は年齢と共に衰えていきますから、50代ではバリア機能を損なわない化粧品でのケアが重要となります。特にクレンジングや洗顔はバリア機能がダメージを受けやすいですから、肌に優しい方法で行いましょう。また、化粧品も添加物が多いものだと、バリア機能が低下している肌には刺激となってしまいます。無添加やオーガニックなどの成分的にも安心な化粧品で、50代からはお手入れしていくのがポイントです。また、コラーゲンの低下で肌が固くなりやすく、固い肌には美容成分が入りにくくなります。角質の柔軟性を高めるケアを取り入れて、しっかりと有効成分を肌に入れ込んであげましょう。適度なピーリングやブースター化粧品などが角質ケアには効果的です。

安心感と手作りへ

化粧水

毎日使用する化粧水は肌に害がないかが気になる人もいます。無添加化粧水は余計な添加物がないことから人気があります。完全無添加の形として手作りをする方法があり、純粋な形で有効成分を手に入れられるようになることで手作りの化粧水を使用することが広まっていくでしょう。

美肌効果のあるオイル

美容液

美容オイルの「インカインチオイル」は、抗酸化作用が高いビタミンEが豊富に含まれています。肌に悪影響を与える活性酸素が増えるのを抑えて、シミやくすみのない若々しい肌に改善されていくそうです。入浴剤として使用すると体がポカポカ温まり、全身のめぐりも良くなります。

ファンデーション

ファンデ

口コミでは、ミネラルファンデーションの使用感や補正効果が主に話題になっています。今後は、保湿効果と適度なカバー力を備えたミネラルファンデーションが求められていくでしょう。ミネラルファンデーションのみではシミのカバーは難しく、コンシーラーなどを併用することが必要です。